初めて生まれた娘の出産内祝いに、有名なお店の洋菓子を贈りました。

初めて生まれた娘の出産祝いに、当時働いていた職場の仲間数人から連名で、プレゼントを頂きました。

頂いた物はおそらく1万円強ぐらいの物だったと思うので、ひとり当たり3000円を予算で組んだんだと考えられます。

出産内祝いには何を贈ろうか考えましたが、一人一人別々に買うのも大変だったので、みんなで食べれるようにお菓子にしました。

最初は高級アイスや果物でもいいかなとも考えたのですが、アイスだと保管場所に困るし、果物だと皮をむくのが面倒だろうなと感じて、常温で保管でき、賞味期限の長い洋菓子がいいだろうと考えました。

近所に有名な洋菓子(アンリシャルパンティエ)の本店があるので、そこで購入する事にしました。

フィナンシェが美味しいので、フィナンシェを中心とした焼き菓子の詰め合わせにしました。価格は頂いた物の半分返しを目安に、8000円の物にしました。

今回は焼き菓子でしたが、同じ洋菓子なら、年中いつでも贈れるプリンも出産内祝に良いと思います。

その場合焼きプリンより、生クリームをたくさん使ったなめらかなプリンの方が、高級感があっていいように感じます。簡易なスプーンが付いていたら、なお嬉しいです。

内祝いを贈る時は、相手の状況や好みなどを考え、なるべく迷惑にならない物を贈るようにしましょう。

そういう意味ではお菓子や紅茶などの消え物は、年齢に関係なく喜ばれやすい品物なので、内祝いとしてはお勧めのアイテムです。

広告

 

ツイッター