子供が生まれたお祝いで、とてもうれしかった大量の紙おむつ

     

私が出産した頃は、紙おむつがとても便利でもれもなくだいぶ改良された時代で、布おむつを干している家庭は稀でした。

ワーキングマザーである私は当然紙おむつを選択するものと同僚の女性、子供を持った女性は根本から信じていました。

なので、私は出産の為、いつからいつまで休むなどという連絡はしていましたが、何が欲しいとかは言っていませんでした。

何しろ初めての出産なので何もわからず、ただ、出産の本、母親の話などを参考にしていましたので、当面の分をチェックリストで、両親からもらったり、ちょこちょこ自分でそろえたりしていました。

出産後まもなくして、大量の紙おむつ、新生児用、Sサイズ、Mサイズ、などを同僚の友人などからもらって、初めは、面喰いましたが、消耗品なので赤ちゃんの快適の為、頻繁に替えるものなのでとても役に立ちました。

あんなにもらった紙おむつも、同僚の友人などが計算上とてもうまく贈ってくれたので新生児用とSサイズは買い足すことがありませんでした。ネット販売などがあまりなかった数年前なので本当にありがたかったです。

Mサイズも保育所に毎日5枚も持っていかなくてはいけないので本当にありがたかったです。

ずっとずっと感謝することになったので、私も友人や同僚に紙おむつ送ってもいいかなと聞いて贈る様にしています。

広告

 

ツイッター